現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

 

商品カテゴリ

アナフラニール(Anafranil) 25mg×30錠 クロミプラミン

花粉症対策
商品コード:
Anafranil 25*150~Anafranil 25*30

アナフラニール(Anafranil) 25mg×30錠 クロミプラミン

価格(税込):
2,100~4,500
ポイント: 105~225 Pt
関連カテゴリ:
メンタルヘルス
  • シンガポール発送 : 個数
数量:
セット
第一世代の三環系抗うつ薬で、うつ病、過食症、パニック障害など神経系の病気に使用されます。

製品名 アナフラニール(Anafranil) 25mg×30錠 クロミプラミン
主成分 クロミプラミン(Klomipramin)
製造元 Teofarm

数量 1錠あたり 販売価格
1箱 30錠 70円 2,100円
5箱 150錠 30円 4,500円


アナフラニール(Anafranil)は、日本では1973年に認可された第一世代の三環系抗うつ薬です。不安・緊張などのうつ症状のほか、過食症やパニック障害などにも適応があります。
また膀胱における抗コリン作用とα刺激作用による、子どものおもらし・夜尿症にも使用されます。頭痛、神経痛、ナルコレプシーにも応用されることがあります。

アナフラニール(Anafranil) 10mg×30錠 クロミプラミン

クロフラニル(Clofranil) 10mg×100錠 アナフラニールジェネリック
クロフラニル(Clofranil) 25mg×100錠 アナフラニールジェネリック
クロフラニル(Clofranil) 50mg×100錠 アナフラニールジェネリック


■用法
●うつ病など精神科の症状
通常、成人の場合1日50~100mgを1~3回に分割して服用します。
(1日の上限は225mgです)
●遺尿症
通常、6歳未満の幼児の場合1日10~25mgを、6才以上の小児の場合1日20~50mgを1~2回に分割して服用します。
●その他の症状
用法・用量は医師の指示に従ってください。
ピルケース付きピルカッター(錠剤カッター)

■副作用
吐き気、食欲不振、便秘、眠気、倦怠感、口の渇き、手のふるえ、低血圧、頻脈、発疹、尿が出にくくなる、その他
このほかにも気をつけるべき副作用がいろいろありますので、服用前によく医師の説明を聞いておきましょう。異常を感じる場合は医師に相談しながら服用してください。

■併用禁忌薬
パーキンソン病のお薬のセレギリンとの併用は禁止です。
ほかの安定剤と併用する場合は注意が必要です。
上記のほかにも服用に注意すべきお薬がありますので、服用中のお薬がある場合は事前に医師に伝えてください。

■注意事項
本剤にアレルギーがある場合は服用しないでください。
緑内障の方は服用できません。
前立腺肥大、心臓病、てんかん、低血圧、腸閉塞などの腸の疾患、ひどい便秘、統合失調症の素因、低カリウム血症、衝動的な方、24歳以下の方、高齢の方は医師と相談しながら慎重に服用してください。
服用をはじめると、不安になったり、症状が悪化したり、副作用で気分が悪くなったりということがあります。医師やご家族などの、周囲の方と相談しながら服用しましょう。
効果が出るまで2~3週間かかる場合があります。
服用中は機械の操作や運転、高所での作業は避けてください。
自己判断でお薬の増量・服用中止などせずに医師にご相談ください。
服用中の飲酒はできるだけ控えるようにしましょう。

※詳しくは専門医にご相談ください

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • アナフラニール(Anafranil) 25mg×30錠 クロミプラミン

    投稿者:ガラケー /  おすすめレベル:★★★★★

    朝晩の2回+調子が悪い時に1錠飲む感じでずいぶん対人のストレスが減りました。新しい薬のほうがいいのかな?と思ってSSRIとかいろいろ飲んだけどアナフラニールが一番です。

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名・症状を入力

pro

お問い合わせ