現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

 

商品カテゴリ

アリップMT(Arip MT) 5mg×100錠 エビリファイジェネリック

花粉症対策
商品コード:
Arip MT5*100

アリップMT(Arip MT) 5mg×100錠 エビリファイジェネリック

価格(税込):
3,000
ポイント: 150 Pt
関連カテゴリ:
メンタルヘルス
  • シンガポール発送 : 個数
数量:
セット
第三世代の抗精神病薬に分類される、エビリファイのジェネリック薬です。統合失調症、双極性障害、うつ病などに使用されます。

製品名 アリップMT(Arip MT) 5mg×100錠 エビリファイジェネリック
主成分 アリピプラゾール(Aripiprazole)
製造元 Torrent Pharma

数量 1錠あたり 販売価格
1箱 100錠 30円 3,000円


アリップMT(Arip MT)は第三世代にあたる比較的新しいお薬で、日本ではエビリファイという先発薬が同じ成分です。ジェネリック薬は日本国内ではまだでていません。主に統合失調症に適応があり、また、不安や緊張、興奮状態、うつ状態など幅広い症状に使用されています。

有効成分はアリピプラゾールといいます。DSS(ドパミン・システムスタビライザー・Dopamine System Stabilizer)と呼ばれており、ドパミンが過剰に分泌されているときは抑制され、不足しているときには活性化するという作用で、ドパミン系神経を安定化させる効果があるといわれています。
そのため、統合失調症の陽性状態と陰性状態、双極性障害の躁状態とうつ状態など、どちらの状態のときにも効果が見込まれます。副作用も少ないことから、近年では処方されることが多くなってきているお薬のひとつです。

アリップMT(Arip MT) 10mg×100錠 エビリファイジェネリック
アリップMT(Arip MT) 15mg×100錠 エビリファイジェネリック
アリップMT(Arip MT) 20mg×100錠 エビリファイジェネリック
エビリファイ(Abilify) 5mg×28錠 アリピプラゾール


■用法
●統合失調症
初回用量:1日6~12mg
維持用量:1日6~24mg
通常、成人の場合は上記の用量を1日に1~2回に分割して服用します。
(1日の上限は30mgです)
※用法・用量は医師の指示に従ってください。
●双極性障害における躁症状の改善
通常、成人の場合は1日12~24mgを1~2回に分割して服用します。なお開始用量は24mgとします。
(1日の上限は30mgです)
※用法・用量は医師の指示に従ってください。
●うつ病・うつ状態
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)またはSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)での治療で効果がみられない場合に本剤を併用します。
※用法・用量は医師の指示に従ってください。
ピルケース付きピルカッター(錠剤カッター)

■副作用
そわそわ感、焦燥感、手足のふるえ、こわばり、不眠、不安、頭痛、吐き気、便秘、口の渇き、その他
このほかにも気をつけるべき副作用がいろいろありますので、服用前によく医師の説明を聞いておきましょう。異常を感じる場合は医師に相談しながら服用してください。

■併用禁忌薬
アドレナリンを含むお薬との併用は禁止です。
ほかの安定剤、降圧剤、抗パーキンソン病薬、抗コリン作用薬、マクロライド系抗生物質、アゾール系抗真菌薬、抗てんかん薬、リファンピシン、アルコールなどと併用する場合は注意が必要です。
上記のほかにも服用に注意すべきお薬がありますので、服用中のお薬がある場合は事前に医師に伝えてください。

■注意事項
本剤にアレルギーがある場合は服用しないでください。
糖尿病の方、糖尿病の発祥リスクが高い方は特に注意が必要ですので、服用前に医師に相談してください。
認知症、心臓病、てんかん、低血圧、肝臓病、衝動的な方、高齢の方、自殺願望が強い方、肥満の方は医師と相談しながら慎重に服用してください。
服用をはじめると、不安になったり、症状が悪化したり、副作用で気分が悪くなったりということがあります。医師やご家族などの、周囲の方と相談しながら服用しましょう。
効果が出るまで2週間以上かかる場合があります。
自己判断でお薬の増量・服用中止などせずに医師にご相談ください。
服用中の飲酒はできるだけ控えるようにしましょう。

※詳しくは専門医にご相談ください

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名・症状を入力

pro

お問い合わせ